apple

「リビンマッチ・土地活用」今回は「土地の条件を考える」です。

土地活用を考える上で土地の条件を考えることは重要です。
リビンマッチを利用し、土地活用の問い合わせをする場合にも土地の
イメージを把握してから問い合わせを行うとよりスムーズな実施が可能です。

土地にはそれぞれ特性があるのです。イメージのよい地域やイメージのよくない地域、アクセスがよい土地や不便なところ、自然環境にめぐまれた地域や対策が必要な地域、騒音公害のある地域もあるかもしれません。

土地活用と同じ言葉で表現するものの、場所だけでなく、さまざまな条件により特性は様々です。

同じ地域であっても条件は一つ一つ違うこともあります。

それゆえに、その土地の条件に見合ったタイプの賃貸住宅を・・・・といっても、 一概に「このような土地にはこのプランがよい」と決めつけることができないのです。

イメージいただきやすいよう、参考までにあげるとすれば、次のようなものものがあります。

風景

イメージのよい土地

高級住宅地などでは近くに賃貸住宅が建つのを嫌う傾向があります。そのようなときは高級なタウンハウスや低層マンションを考えるとよいのです。どうしても近所からの抵抗が強いようでしたら一戸建て賃貸を考えたほうがよい場合もあります。
高額な賃貸は入居者が、、、と心配なケースもありますが、一流法人や外国人向けの戸建て賃貸では、月額100万円前後の賃料を得ている賃貸住宅もめずらしくはありません。

平均的な住宅地

賃料は安くなるものの、土地の特性が平均的な住宅地では、賃貸住宅の建設はほとんどクレームもなく比較的さまざまなタイプが可能になる傾向があります。その場合は特に需要動向を調べ、 学生向け、単身サラリーマン向け、女性向け、ファミリータイプなど、念入りにターゲットをしばる必要があります。

その他にも、敷地に余裕があればメゾネットタイプやタウンハウスなどもよいでしょう。敷地をフルに生かすケースが多いが、建ぺい率などが低いときには、植栽やオープンスペー スを設け、公園風の住宅地にしてはどうか。建物・設備のみの高級化でなく、外構も含め生活環境の レベルアップも求められることになります。

アクセスのよい土地

東京都でいえば23区内、地方都市内などがこれにあたります。都心に近い土地では土地柄にもよりますが、比較的、どんなタイプの活用であっても、他の地域と比較すると成功率は高いといえるでしょう。とくに単身者向けは、家賃の「坪当たり単価も高く、うまみのある活用といえます。
また、郊外や地方都市などで便利なところとなると商店街が近い地域などもよいでしょう。環境に多少の難もでてくるケースが少なくありませんが、学生や単身サラリーマン向けであれば、あまり気にしない人も多いでしょう。環境よりも外食や買い物など日常生活の便利さを求める層がターゲットとなります。

交通の便が悪い土地

公共機関の利用を考える場合には駅から10分以内、遠い場合でも15分圏が賃貸を考える考える場合の目安となります。
とはいえ、マイカーの利用を考えれば生きてくる土地もありまする。また、企業の進出がある場合は駅よりもその勤務先への利便性が魅力になる場合もあります。

足の便が悪いところでは、環境も含めた賃貸住宅のレベルアップを考えるべきです。

ある賃貸住宅ではテニスコートやプールなどまで設け、コミュニティーとしての充実に力をいれ成功している例もあります。