駐車場の土地活用

「Mr.リビンマッチが解説するリビンマッチ・土地活用」今回は「駐車場の土地活用」です。

駐車場の土地活用が注目を集めています。といいますのも、コストのかかりにくい土地活用のひとつというのが大きなメリットなのではないでしょうか。また、どんな土地でも転用が利くという点も非常に魅力的な部分です。

駐車場はよく「本格的活用(先行きの読めない賃貸経営などがいえます)はまだ高リスクなためそのつなぎとしての土地活用ができる」いわゆる“暫定的利用“が可能な土地活用法といえます。

賃貸住宅経営や商業・介護施設経営などに比べると、比較的ローコスト(自己資本0からスタートできるということも!?)で済ませることもでき、また借地権などが生じないため、立ち退き問題が起こらないことも考えられます。

駐車場には平面駐車場、立体プレハブ駐車場、機械式・地下駐車場などがあります。コスト面を踏まえ、それぞれの駐車場経営に関してリビンマッチにて得た知識を参考にお伝えしていきます。

平面駐車場

多くの形式がありますが、空いている更地に黄色のロープを張ることで完成してしまうなどコストのかかりにくい駐車場。
立体プレハブ駐車場…鉄骨の柱にメッシュ状の鉄骨を取り付けるだけのものが主に挙げられるがこちらも低コストで済ませる事が可能。ちなみによく郊外の住宅地など密集した土地に多く見られるが、建築基準法の規制を受ける建築物扱いに代わって、建ぺい率(敷地面積に対して占める建物面積のことをいう)が80%~100%の地域でないと建てられないためである。
機械式駐車場…市街地によくみられる垂直循環式やエレベーターに駐車室を組み合わせた立体式などのことを言う。機械式はそれほど広くない土地であっても有効的に駐車するスペースを完備できることが平面駐車場などと比較するとかなりのメリットとわかる。ただし、初期投資の高コストは難点である。

こう見てみると、“その土地にあったそれぞれの駐車場の活用”が必要であるということが一番重要です。駐車場はメリットがたくさんあるように感じられますが、もちろんデメリットもあります。簡単に一言でまとめますと「賃貸住宅経営と比べると“儲けが少ない”」というところではないでしょうか。ただ、賃貸住宅の場合は1室解約された場合はかなりの損失になってしまうので、安定した収入を求めるならば駐車場経営はオススメかもしれません。

まとめ

・駐車場は暫定的利用ができるため、本格的利用に比べて土地活用に入門しやすい。
・どんな土地でも転用でき、借地権の発生がないため立ち退きなどのリスクがない。
・自己資金0円からでも始められる。
・それぞれの地域の特性に合った駐車場の土地活用を考えるべきである。
・賃貸住宅経営よりも利益は期待できないが、安定した一定の収入は得られる。

いかがでしたか?意外と知らない!?なんてことがあれば幸いです。
引き続き今後もリビンマッチ経由から情報を発信していきますので、宜しくお願いします!!

SNSでもご購読できます。