「リビンマッチ・土地活用」今回は「賃貸住宅別の土地活用(5)」です。それぞれの特性を賃貸住宅タイプ別にご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。
土地活用をするにあたって、その条件にあった賃貸住宅を選ぶ必要があります。

賃貸住宅別で見る土地活用:(5)

一戸建て賃貸住宅タイプ

昔は大都市の郊外にたくさん並べられた一戸建て賃貸住宅ですが、メゾネットタイプやタウンハウスタイプなどの台頭によりややとって代わる形になりつつある印象があります。
賃貸物件にはなりますが、比較的新しい物件の場合など、住宅構造は一般の分譲戸建住宅と何ら変わらないので、充実した設備も整っています。

しかし物件自体は、駅から離れた場所にあることが多く、駅近を条件と考えている人には少々厳しい住宅タイプともいえます。

ただ、賃貸マンションや賃貸アパートなどの集合住宅とは違い、騒音問題、隣人とのトラブルなどが発生しにくいというメリットもあるので、そういう点をふまえると条件によっては悪くないのかなと思います。

賃貸住宅物件として建てられているものの中には、比較的イメージが良い住宅地などに、外国人向け、会社の役員向けなどを中心に建てられているようですので、その土地の条件にもよりますが、高収入も期待できそうです。