「リビンマッチ・土地活用」今回は「居住用建物を貸す場合」です。

居住用建物は、ある程度の住宅地であれば需要は見込めそうです。 つまり、特段に厳密なマーケティングをしなくても安定収入を得られそうだと思われるのです。しかしこのことは、反面ではほかの大家さんやアパート経営される方も参入しやすく、競合物件が多い、また現状問題ない場合についても今後多くなりやすいともいえます。

「入居者が物件を選ぶ要素についても検討が必要ですが、賃貸経営の成功には、まず物件そのものの満足度と、競合物件と比較したときの優位性を上げなければいけません。

競合物件との差別化について

物件そのものの満足度を上げられたとしても、駅からの 距離や街並みなどの物理的・外的要因については所有者の努力では 変えることができません。このような場合は、競合物件との差別化を図る必要があります。ペット対応物件にしたり、一戸当たり2台 の駐車場を確保したりする場合などが差別化と呼べるでしょう。
例えば、音楽関係の学校が近い場合には、楽器の搬入ができるよ うに部屋を広くしたり、防音設備を施したりするのも差別化の1つ です。当然建築コストも高くなりますが、有効需要が多ければ需要 と供給のバランス上、家賃が下がりにくい要因になりますし、仮に 入居者が退出しても次の入居者が決まるまでの空室期間は、それほ ど長くはならないはずです。
このように住宅地の経営には立地特性を生かすことが大切なのです。

風景

まとめ

居住用物件での土地活用の注意点

土地活用手段の中でも競合物件も多い

差別化戦略が必要となります。

駅から遠いなどの場合、外的要因は変えられません。
その中で勝ち抜くためには競合物件との差別化が必要です。

例えば。

  • ペット対応型物件
  • 駐車場を複数設置する

立地の特性を生かす事例

音楽関係の学校が近い

学校の生徒向けの展開
楽器の搬入ができるように部屋を広くする。
防音設備を施す

  • 建築コスト
  • 有効需要

需要と供給のバランスのうえ、家賃を設定することが必要です。